精油の主な芳香成分について

野外イベントやキャンプ、思い切り楽しみたい時に気になるのが蚊などの虫です。

 
駆除したいけど、化学薬品を含んだスプレーでは心配だという方におすすめなのが、植物由来のエッセンシャルオイルを肌に吹きかけたりアロマポットで炊くなどしてみましょう。

 
安全で爽やかな香りを楽しみながら、虫除けをすることができます。

 

特に「シトロネラール」や「シトロネロール」は虫が嫌がる性質の香りをもっています。

 
この芳香成分を多く含んでいるエッセンシャルオイルとしてよく知られているのは、「レモンユーカリ」でユーカリ・シトリオドラから抽出される精油で心を落ち着かせる働きがあり、アロマテラピーではよく使用さます。

 
主成分は、テルペン系アルデヒド類となっていて、香りはレモンに似ているといわれますが、実際にはシトロネラールに近く、爽やかでシトラスの雰囲気です。

 
網戸やカーテンなどに吹き付けておくと効果的です。

 

一方、日本でも一般的に多く使われているのはユーカリ・グロブルスから抽出される香りで、刺激性のあるスパイシーな香りといっていいでしょう。

 
主成分はオキサイド(酸化物類)で昆虫忌避成分もありますが、意識をはっきりさせて気持ちを高揚させる働きがあります。

 
精神的にはゆったりしていたい時はユーカリ・シトリオドラ、集中力を高めたい時は、ユーカリ・グロブルスと使い分けるといいでしょう。