痛みや炎症に

ユーカリの精油には、虫除けや防カビなどの効果の他に、抗炎症作用や痛みの緩和、痰を切るなどの身体面での効果が期待できます。

 
ユーカリの原産国であるオーストラリアでは、先住民がありとあらゆるモノに使える万能薬として用いていました。

 
それを移住してきたイギリス人に教え、過酷な生活を強いられた移住民が助けられたという歴史があります。

 
このような薬効によって今では、世界各国で打ち身や捻挫、ヤケドなどに用いる湿布やクリーム、風邪薬やのど飴といった多くの医薬品に使われています。

 
優れた抗炎症作用や抗菌・抗ウイルス作用は、第二次大戦中には戦場で用いられていたことから、世界中に広まることとなったのです。

 
ユーカリ・シトリオドラはユーカリの精油の中でも特にポピュラーなものの一つです。

 
これを日常生活い取り入れることで炎症による痛みなどの症状を緩和することが出来ます。

 
リラックス効果も期待できますので、比較的扱いやすい精油となっています。

 
お湯に数滴入れてその湯気を吸い込んだり、テイッシュやハンカチなどの含ませて臭いをかいだり、相性のよいキャリアオイルと混ぜて肌に塗ったりといった使用方法がオススメです。

 
刺激がありますので、濃度などを誤って使用すると、肌荒れなどを招いてしまいますので、注意しましょう。