Archive for the ‘未分類’ Category

寝違えた時の首の痛みに効くブレンドについて

ユーカリ・シトリオドラは、レモンの香りという名前からついた精油です。

 

レモンユーカリとも呼ばれています。マッサージにとても有用なエッセンシャルオイルのひとつです。

 

炎症を静めたり、筋肉や腱のこわばりをほぐし、痛みを静める効果があります。

 

この精油に、ラヴィンサラとホホバオイルをブレンドしたものは、寝違えたときの首の痛みにとても効きます。

 

肩から首の付け根あたりまでに、すりこむようにマッサージをします。

 

そして、おすすめはネックウォーマーをすることです。

 

肩や首の緊張がほぐれて、すみやかに痛みに効いていきます。

 

ラヴィンサラは、ラベンダーのように用途が広いのも特徴的で、子供にも安心して使用することのできる精油です。

 

去炎作用があり、呼吸器系の不調緩和や、免疫力の向上、風邪などの予防にも効果があります。

 

すっきりとした香りが特徴てきで、首などのまわりに塗っても、さわやかでクールな香りに包まれます。

 

ご自身で、ブレンドオイルを作る際には、ホホバオイルなどのキャリアオイル10ミリリットルに対して、精油を2滴ほどずつ入れましょう。

 

入浴後や就寝前などにマッサージをするように塗ることをおすすめします。マッサージのあとは拭き取らず、一晩しっかりと浸透させることが大切です。

オススメの精油のブレンドについて

ユーカリ・シトリオドラはユーカリの一種です。

 
レモンのような香りがすることから、別名をレモンユーカリとも呼ばれています。

ユーカリよりも弱めの香りで、少しスパイシーでフルーティな雰囲気です。

シトロネラにやや似ています。

 
この精油はユーカリと同じ種類ですが、ユーカリ特有の成分である1.8シオネールという成分をほとんど含みません。

 
その代わりにシトロネラールという成分を80%以上含みますので、シトロネラに近い使用法をされることが多いようです。

 
シトロネラールは虫が嫌がる成分なので、虫除けに用いられます。
その為、夏によく使用される精油です。

 
ペパーミントとブレンドすれば、すっきりした香りで虫除け効果とクール感を両立できるでしょう。

 
心理面に対しては、心を落ち着かせる効果があります。

 
その際はラベンダーと合わせるのがおすすめです。

 
気持ちの高ぶりやイライラを鎮めてくれます。

 
また部屋の空気を浄化し、清潔感のある香りを楽しむことができます。

 
同じく浄化作用のあるティーツリーや同じ種類のユーカリ・グロブルスなどと合わせると良いのではないでしょうか。

 
眠気を妨げる心配がないので、アロマバスに使用してゆったりバスタイムを過ごすのもおすすめです。

使用上の注意点とは

ユーカリはフトモモ科の植物でたくさんの種類があります。

 
ユーカリシトリオドラもユーカリの一種でレモンのような香りがすることから、別名レモンユーカリとも呼ばれています。

 
葉と枝から抽出されたアロマオイルはスパイシーでレモンのようなシトラス系の香りが合わさった感じです。

 
他のユーカリ種のアロマオイルに比べると香りの刺激はやや弱く軽やかなイメージです。

 
一般にユーカリのアロマオイルは気分を建て直し、目を覚ますような、集中力を高める作用がありますが、ユーカリシトリオドラは高ぶった精神状態を静め、落ち着いた気持ちになります。

 

イライラしている時などリラックス効果が期待できます。

 
この効用をいかして、キャリアオイルと混ぜて疲れた体を癒すボディートリートメントや、就寝前の芳香浴、アロマバスなど心身ゆったりした気分になりたい時に使用が適しています。

 
また、防虫効果に優れているころから虫除け剤としても使用できます。

 
シトラスの香りがすることから他のアロマオイルとブレンドしやすく、ゼラニウム、ペパーミント、ティーツリーなど相性の良いアロマオイルは多いのです。

 
スキンケアに使用する際は皮膚刺激が強いため、敏感肌の人は使用量に注意しなければなりません。

 
妊娠中も肌が不安定な状態になるために皮膚刺激が強いアロマオイルは避けたほうがよいのです。

オススメの使用方法について

ユーカリ・シトリオドラは、レモンのような爽やかでフレッシュな香りを持つ事から、「レモンユーカリ」とも呼ばれています。

 
ユーカリの一種ですが、ユーカリの主成分がシオネールなのに対して、シトリオドラ種はシトロネラール、シトロネロールが主成分です。

 
コアラの主食として有名なユーカリには、種類もたくさんありますが、アロマとして使われるのは、ほんのわずか数種類です。

 
ユーカリ・シトリオドラの精油には、強力な殺菌力があり、抗ウイルスや鎮痛作用が、風邪の鼻水、せき、たん、花粉症などの呼吸器系の症状をやわらげてくれます。

 
こちらの精油を使ったマッサージは筋肉や腱のこわばりをほぐすのにたいへん有効です。

 
また、抗菌作用にすぐれているのでお肌を清潔にしたり、炎症を鎮める効果もあるのでスキンケアとしても使われています。

 
昆虫忌避作用成分のシトロネラールが豊富に含まれているので、虫よけとしても有効です。

 
細菌が増えるのを防ぎ、新しい組織が作るのを助ける働きがありますが、ピリッとした刺激がありますので、大量の使用には注意が必要です。

 

妊娠中は特に気をつけないといけません。

 
ユーカリ・シトリオドラには心を落ち着かせる働きもあり、イライラした気分を和らげてくれます。

 

同じく気持ちを落ち着かせる効果が期待できるラベンダーやネロリ、ジャスミンなどの精油と相性がいいので、ブレンドして香りを楽しんだり、手作りのスキンケアに使ったりしてはいかがでしょうか?

虫除けにオススメ

ユーカリ・グロブルスとならび、ユーカリの精油の中で最もポピュラーなものの一つです。

 
レモンのような香りを持つことから、レモンユーカリという呼び名でも親しまれています。

 
ユーカリは虫除けの効果が高いとして知られていますが、実はユーカリ・グロブルスよりもこのユーカリ・シトリオドラのほうが、虫除けの効果は高いのです。

 

もちろん蚊も、この香りを嫌います。

 
マラリアが蚊によって感染するのは周知のことですが、北アフリカではマラリアの拡大を抑えるために、ユーカリが植樹されています。

 
気持ちを落ち着かせ、眠気を妨げないことから、寝る前に蚊を寄せ付けないために寝室で焚いたり、お肌に希釈したものをつけても影響はありません。

 
また細菌やウイルスの繁殖を抑えることからデオドランド効果も期待でき、グロブルスよりも低刺激なユーカリ・シトリオドラが広く用いられています。

 
水虫は菌によって起こり、その症状を悪化させるものですが、抗菌作用が高いユーカリ・シトリオドラが効果的だとされています。

 
ただし精油を直接肌につけると、肌トラブルを招いてしまいます。

 
用途に応じて推奨されている濃度がありますので、それらの用法をしっかり守りましょう。

 
また、妊娠中には避けるべきものとされています。

痛みや炎症に

ユーカリの精油には、虫除けや防カビなどの効果の他に、抗炎症作用や痛みの緩和、痰を切るなどの身体面での効果が期待できます。

 
ユーカリの原産国であるオーストラリアでは、先住民がありとあらゆるモノに使える万能薬として用いていました。

 
それを移住してきたイギリス人に教え、過酷な生活を強いられた移住民が助けられたという歴史があります。

 
このような薬効によって今では、世界各国で打ち身や捻挫、ヤケドなどに用いる湿布やクリーム、風邪薬やのど飴といった多くの医薬品に使われています。

 
優れた抗炎症作用や抗菌・抗ウイルス作用は、第二次大戦中には戦場で用いられていたことから、世界中に広まることとなったのです。

 
ユーカリ・シトリオドラはユーカリの精油の中でも特にポピュラーなものの一つです。

 
これを日常生活い取り入れることで炎症による痛みなどの症状を緩和することが出来ます。

 
リラックス効果も期待できますので、比較的扱いやすい精油となっています。

 
お湯に数滴入れてその湯気を吸い込んだり、テイッシュやハンカチなどの含ませて臭いをかいだり、相性のよいキャリアオイルと混ぜて肌に塗ったりといった使用方法がオススメです。

 
刺激がありますので、濃度などを誤って使用すると、肌荒れなどを招いてしまいますので、注意しましょう。

イライラしがちなあなたに

香りが脳を刺激して、香りに応じた様々な生理作用を引き出すということは、広く知られています。

 
ユーカリ・シトリオドラの精油の精神面に与える作用は、リラックスです。

 
どうしょうもなくイライラしてしまったり気分が昂ったりしてしまっているときには、この精油を用いると落ち着かせることが出来ます。

 
ユーカリ・グロブルスがやる気を起こさせ、集中力を高める作用があるとされていますが、同じユーカリでもこれだけ違いがあります。

 
もちろん「イライラして集中できない!」というタイプのイライラにはユーカ・グロブルスも有効です。

 
しかしリフレッシュ効果が高いものですから、覚醒させてしまいます。

 
今から寝ようというときには、避けたほうが良いでしょう。

 

かえって眠気を覚ましてしまいます。

 
ユーカリ・シトリオドラであれば眠りを妨げることはありませんので、そのシュチュエーションに応じて使い分けることが必要です。

 
また主成分であるシトロネロールのの影響で、レモンに似た芳香です。

 
誰にでも親しみやすい香りとなっています。

 
ただし刺激がありますので、肌へ使用する際には、推奨されている濃度などを守りましょう。

 
妊娠中などの使用も避けるべきものとされています。

精油の主な芳香成分について

野外イベントやキャンプ、思い切り楽しみたい時に気になるのが蚊などの虫です。

 
駆除したいけど、化学薬品を含んだスプレーでは心配だという方におすすめなのが、植物由来のエッセンシャルオイルを肌に吹きかけたりアロマポットで炊くなどしてみましょう。

 
安全で爽やかな香りを楽しみながら、虫除けをすることができます。

 

特に「シトロネラール」や「シトロネロール」は虫が嫌がる性質の香りをもっています。

 
この芳香成分を多く含んでいるエッセンシャルオイルとしてよく知られているのは、「レモンユーカリ」でユーカリ・シトリオドラから抽出される精油で心を落ち着かせる働きがあり、アロマテラピーではよく使用さます。

 
主成分は、テルペン系アルデヒド類となっていて、香りはレモンに似ているといわれますが、実際にはシトロネラールに近く、爽やかでシトラスの雰囲気です。

 
網戸やカーテンなどに吹き付けておくと効果的です。

 

一方、日本でも一般的に多く使われているのはユーカリ・グロブルスから抽出される香りで、刺激性のあるスパイシーな香りといっていいでしょう。

 
主成分はオキサイド(酸化物類)で昆虫忌避成分もありますが、意識をはっきりさせて気持ちを高揚させる働きがあります。

 
精神的にはゆったりしていたい時はユーカリ・シトリオドラ、集中力を高めたい時は、ユーカリ・グロブルスと使い分けるといいでしょう。

ユーカリ・グロブルスとの違い

ユーカリには700もの種類があり、そのうち精油が採れるものは500種類ですが、現在では20ほどの種類が製造されています。

 

 

その中で世界に広まっているものは10種類程度ですが、それぞれには特徴が見られます。

 
おなじユーカリの精油であっても、違うものなのです。

 
特にユーカリ・シトリオドラとユーカリ・グロブルスはポピュラーなものの一つですが、それにも違いがあります。

 
まず香りが違いとしてあげられます。
シトリオドラはレモンのような香りを持ち、グロブレスはツーンとした芳香があります。
これは内容成分の違いによるものです。

 
シトリオドラにはレモンやレモングラスにも見られるシトロネラールが含まれ、グロブレスにはローズマリーやティーツリーに見られる1,8シネオールが多分に含まれています。

 
これによってシトリオドラは柑橘系のような芳香をもち、一方グロブレスは独特な清涼感となっているのです。

 
得られる作用についても違いがあり、グロブレスが集中力を高めリフレッシュさせる作用がありますが、このシトリオドラは心を沈めリラックスさせることから、眠気を妨げるようなこともありません。

 
しかしこの2つは同様に妊娠中の使用は避けるものとされています。

 
また高濃度での使用もおすすめできませんので、用法の注意をよく守りましょう。